同性愛者 作家 折口 三島

同性愛者 作家 折口 三島

同性愛者 作家 折口 三島



折口 信夫(おりくち しのぶ、1887年(明治20年)2月11日 - 1953年(昭和28年)9月3日)は、日本の民俗学者、国文学者、国語学者であり、釈迢空(しゃく ちょうくう)と号した詩人・歌人でもあった。. 彼の成し遂げた研究は「折口学」と総称されている。 柳田國男の高弟として民俗学の基礎を ...

三島由紀夫の短篇『三熊野詣』に登場する国文学者の藤宮や 、舟崎克彦の長篇『ゴニラバニラ』に登場する民俗学者の折節萎(おりふし・しぼむ)は折口がモデルといわれている。 同性愛者(男色家)であり、以下のようなエピソードが伝わる。

昭和24年4月27日、三島由紀夫が初の長篇書き下ろし『仮面の告白』を脱稿、同作で自身の同性愛的傾向をカミングアウトした。稲垣足穂、吉屋信子、折口信夫の同性愛も紹介。性の傾向は独立してあるのではなく、あれからこれへと連続的

高橋 源一郎(たかはし げんいちろう、1951年 1月1日 - )は、日本の小説家、文学者、文芸評論家。 明治学院大学 名誉教授。. 散文詩的な文体で言語を異化し、教養的なハイカルチャーからマンガ・テレビといった大衆文化までを幅広く引用した、パロディやパスティーシュを駆使する前衛的な ...

Title 三島由紀夫 魅せられる精神 ... 従来の三島研究について、「生活者としての相貌の把握を、作家の理解に対する強力な条件とする姿勢であるJ と ... 面の告白』については、 f<同性愛者>の他者性のなかに自己を投げ入れるJ f私J が f<告白>の枠組みによってj

過去いくたの三島評伝や作家論、作品論が出たが、不明な点がまだまだ残った。 とくに生来の自家中毒、蒲柳の質、不能、同性愛などの三島の軌跡の外面の変化は読みとれても、創作側の三島の内面の心理状況の変貌は、当人を毎日監視でもしていない限り ...

『サーカス』は、三島由紀夫の短編小説。掌編小説とみなされることもある 。 団長がメインイベントとして仕込んだサーカスの花形的存在の少年少女の曲馬ペアが、パフォーマンスの只中で悲劇的な最期を遂げる物語。 童話風の小品ながらも、愛と死(生を超えた愛)、「殺される王子 ...

「ホモ・セクシュアル」を語ったテクスト、鴎外の『ヰタ・セクスアリス』、三島由紀夫の『仮面の告白』、稲垣足穂の『少年愛の美学』などと、森茉莉『恋人たちの森』、吉屋信子『屋根裏の二処女』をくらべ、男性作家の語った「同性愛」および「同性 ...

〈それは年嵩の者が年若き者に寄せる偉大なる愛の別称なのであります。プラトンの哲学の基礎であり、ミケランジェロやシェイクスピアのソネットにも見いだ されるものであります。深く精神的な愛にして、純粋かつ完全である。

1 :禁断の名無しさん:2001/02/28(水) 16:42 作家で同性愛者はだれだ?

同性愛者 作家 折口 三島 ⭐ LINK ✅ 同性愛者 作家 折口 三島

Read more about 同性愛者 作家 折口 三島.

7
8
9
10
11

Comments:
Guest
Gossip: letting the chat out of the bag.
Guest

People are very open-minded about new things--as long as they're exactly like the old ones.

Guest
Another reason you can't take it with you--it goes before you do.
Calendar
MoTuWeThFrStSu